IT用語

「CPU」って何?わかった気分になるIT用語

2020年8月15日

パソコンに使われている「CPU」のことが知りたいな。

 

こんな悩みを解決したいと思います。

こんにちは、ユキトモです。

 

パソコンを買う時などにスペック表を見ると思います。

「CPU」って単語が必ず載っていますよね。

でも「CPU」って何?って思いますよね。

 

ひとことで言うと

CPU

パソコンが計算などを処理するために使われる部品です。

 

さらに詳しく言うと

CPU:「Central Processing Unit」(中央演算処理装置)の略です。

Central(セントラル):中央

Processing(プロセッシング):演算を処理する(わかりやすく言うと「計算をする」)

Unit(ユニット):装置

 

では、詳細に説明しますね。

 

「CPU」って何?

人間に例えると「脳みそ」になります。

パソコンが計算などをするときに「CPU」が頑張って結果を出します。

スマホやプレイステーションなどのゲーム機にも入ってます。

Windows系のパソコンは通常、いろいろな部品を合わせて一つのパソコンになります。

NEC製、ソニー製、東芝製などのパソコンがありますよね。

でもCPUを作っている会社はたいてい「インテル」って会社が一番有名です。

「AMD」って会社が2番目に有名ですね。

年々、「CPU」は性能が向上していてパソコンもだいぶ使いやすくなりましたね。

 

【もっと詳しく知りたい方はこちら】

 

まとめ

 

「CPU」って言葉が出てきたら、

CPU

パソコンが計算などを処理するために使われる部品です。

 

と覚えておけば大丈夫です。

 

以上です。

スポンサーリンク

-IT用語
-, ,

© 2020 Yukitomo Blog