WordPress

WordPress バックアッププラグイン【BackWPup】の使い方

2020年9月5日

WordPressでサイトを作って運営しています。友達がPHPを編集して間違って画面が真っ白になってしまったと聞きました。こうならないための方法を教えてください。

 

こんな悩みを解決したいと思います。

こんにちは、ユキトモです。

PHPやCSSが分かるようになるとプラグインではできないようなカスタマイズが出来るようになります。

でも、編集してはならない箇所を間違って、削除したり、文字が追加されたりして保存すると画面が真っ白になることがあります。

また、新しいプラグインを入れて不具合が起こったり、WordPressをアップグレードして不具合が起こったりするなんてこともあり得ます。

 

戻すのが大変になります。

 

そうなる前に「バックアップ」を取っておくのがオススメです。

今回は「 BackWPup 」というプラグインの使い方を説明して行きます。

 

「 BackWPup 」をインストールしてみよう

 

step
1
「 プラグインを」を新規に追加する。

管理画面から「 プラグイン 」→「 新規追加 」をクリックします。

 

step
2
「 BackWPup 」を検索

キーワードに「 BackWPup 」を入力して「 今すぐインストール 」をクリックします。

step
3
「 有効化 」します。

「 有効化 」ボタンをクリックします。

 

「 BackWPup 」でバックアップジョブを作成してみよう

 

「 BackWPup 」のインストールが終わったら、バックアップの設定をします。

任意のタイミングでバックアップを取ることも、曜日・日時指定でスケジュールを組んでバックアップを取ることが可能です。

ちなみに、このスケジューリングすることを「 ジョブ 」という言い方をITの世界ではよくします。

 

step
1
「 自動バックアップ 」を設定します。

毎日、自動でバックアップをするために、BackWPupでバックアップジョブを作成します。

管理画面から「 BackWPup 」→「 新規ジョブを追加 」をクリックします。

 

step
2
「 一般タブ 」での設定

一般タブで「 このジョブの名前 」の欄に名前を入れます。

今回は、分かりやすく「 DailyBackup 」とします。

バックアップの保存方法:「 フォルダーへのバックアップ 」にチェックを入れます。

 

step
3
「 スケジュールタブ 」での設定

バックアップするスケジュールの設定をします。スケジュールタブをクリックします。

ジョブの開始方法:「 WordPressのcron 」

スケジューラーの種類:「 基本 」

スケジューラー:「 毎日 4:00 」(時間は自由に変更して下さい。)

 

注意

バックアップ時間はデフォルト「 午前3時 」以外で

デフォルトの「 午前3時 」でバックアップを取る人が多くて同時刻にレンタルサーバーの負荷が高まりサポートデスクから変更を依頼される方がいました。

そのため、レンタルサーバー内でのバックアップ時間は「 午前3時 」から変更することをオススメします。

 

step
4
「 宛先:フォルダー 」での設定

保存先となるフォルダーの設定です。

「 バックアップを格納するフォルダー 」:基本そのままでOKです。

「 ファイルを削除 」:何世代分のバックアップデータを残すかの設定です。基本そのままの「 15 」でOKです。

以上でバックアップの設定は完了です。

「 DBバックアップタブ 」「 ファイルタブ 」「 プラグインタブ 」はデフォルトのまま何もしなくてもOKです。

 

今すぐバックアップしてみよう

初回は念のため、手動で今すぐバックアップをしみましょう。

step
1
「 ジョブタブ 」をクリックします。

管理画面から「 BackWPup 」→「 ジョブ 」をクリックします。

 

step
2
「 今すぐ実行 」をクリックします。

 

step
3
「 バックアップ完了 」を確認します。

バックアップが完了した場合は以下のように完了画面が表示されます。

 

step
4
「 バックアップファイル 」を確認します。

管理画面から「 BackWPup 」→「 バックアップ 」をクリックします。

 

step
5
「 ダウンロード 」が可能です。

バックアップ後はサーバーのフォルダにバックアップファイルが保存されています。

「 ダウンロード 」で今お使いのPCにダウンロードすることができます。

 

まとめ

バックアップする有名なプラグイン「 BackWPup 」を使ってバックアップの設定方法をご紹介しました。

WordPressの管理画面上からWordPressサイトを手軽にバックアップできるプラグインです。

バックアップスケジュールの設定やDropboxなどのクラウドサーバーの連携、バックアップファイルの世代管理など便利な機能があります。

「間違っていじってしまって画面が真っ白になってしまった。。」

「 WordPressをバージョンアップしたら画面が変になってしまった。。」

などの不測の事態に備えるために、必ず入れておきたいプラグインです。

「 BackWPup 」で取得したバックアップファイルからWordPressを復旧する手順は

「バックアップデータからリストアする方法」をご覧ください。

スポンサーリンク

-WordPress
-, , ,

© 2020 Yukitomo Blog